山わさびの保存方法とおすすめの食べ方

山わさび 保存方法

北海道で採れる「山わさび」は本わさびよりも白っぽく、すりおろして料理に使います。

本わさびよりも辛みがピリッとしていて、いろいろな料理に合わせやすく、知ってしまったらクセになるおいしさです。

北海道では山から採ってくる人もいて、札幌在住の私は毎年知人からいただきます。

一度に食べきれないことが多いので、おいしく食べられる保存方法を調べてみました。

この記事が、山わさびを保存して楽しみたい方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

山わさびについて

山わさびは、別名「西洋わさび」「ホースラディッシュ」とも呼ばれています。北海道では自生していますし、簡単に土に根付くので、庭で栽培している方もいます。

普段スーパーで見かけることは少ないと思いますが、市販されているチューブわさびの原料に使われているので、気づかないうちに口にしていそうですね。

山わさびも本わさびもすりおろして料理に使いますが、味の違いについて説明します。

本わさびは「わさび」という味がしますよね?(当たり前ですが)

それに比べて、山わさびは「わさび味」が少なく、ピリッとした「辛み」のみが口に広がるような感じです。

わさびの味が少なく、素材や料理の味を邪魔することがないので、和食だけでなく洋食にも合います。お店で食べるローストビーフに添えられているイメージですよね。

ツンとした辛みのおいしさを知ってしまったら、クセになるいう方が多いです。

山わさびの保存方法

山わさび 保存方法

山わさびを手に入れた直後は、少し濡れたペーパータオルで包んでからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に保存しています。

山わさびは一度にたくさん食べるものではないので、おいしさを長持ちできる保存方法があったらいいですよね。

私の知っているものをまとめてみますので、よかったら参考にしてみてください。

水を入れた容器に保存

山わさびの保存方法として知人から聞いたのが、水を入れた容器に入れ冷蔵庫に入れておくと、半年くらい食べられるというものです。

山わさびをタッパやジップロックなどの容器に合うサイズに切り、水を入れた容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

わさび田など水辺に生えている本わさびと違い、山わさびは普通に土に生えているのですが、きれいな水の中でもOKです。

保存している間はこまめに水は取り替えましょう。できれば毎日取り換えてください。

早速私もやってみましたが、毎日水を取り換えるのも大変だったので、結局1カ月くらいで食べきってしまいました。

食べる都度すりおろすのですが、1カ月の間、もらったときのような味わいで食べることができましたよ。

次回は半年にチャレンジしてみようと思います!

塊のまま冷凍保存

次に試したのが、皮がついた塊のまま冷凍保存して、食べる都度、皮ごとすりおろすというものです。

山わさびをきれいに洗った後、一本ずつラップに包んで冷凍します。

以前に生の「しょうが」を食べきれず、塊のまま冷凍して、食べる都度すりおろして食べたことがあったのですが、同じ感覚だなと思いました。

ただ、冷凍にすると、生の状態よりもおろしずらいと思います。

我が家のおろし器はあまりよくおろせないので、切れ味のよいおろし器をお持ちの方は、試してみてはいかがでしょうか。

すりおろして保存

山わさびは、すりおろすことで辛みが出て、すりおろしてから時間が経つと辛みが飛んで風味が落ちます。

基本的には食べる都度すりおろすのがおすすめで、山わさびの風味をより一層感じられると思います。

といっても、こまめにすりおろすのが面倒なこともありますよね。その場合は、すりおろしてから「醤油漬け」または「冷凍」すると、手軽に食べることができます。

スポンサーリンク

 

おすすめの食べ方は?

山わさび 保存方法

薬味として、いろいろな料理に使えると思います。本わさびやしょうがと置き換えてみると、イメージしやすそうですね。

刺身

刺身と山わさびは相性がいいのですが、中でも山わさびとイカの刺身は抜群です!

イカはあっさりめでありながら甘みを感じる味なので、すっきりした辛みの強い山わさびが、イカのおいしさを引き立ててくれます。

先日、知床で海鮮丼を食べた時に、山わさびがついていました。

山わさび 保存方法

本わさびは「わさび味」がするので、辛みを効かせようとしたら、同時にわさび味も強くなってしまいます。

それに比べて、山わさびは「わさび味」はほとんどしなくて、「辛み」のみが強めに感じられます。

山わさびのおかげで、刺身の味もしっかり感じられて、新鮮な刺身がさらにおいしかったです!

実は、今まで手元に山わさびがあったとしても、イカ刺し以外は本わさびで食べていたのですが、これからは山わさびで食べようと思います。

ごはんと一緒に食べる

山わさびをごはんと一緒に食べるのも、シンプルでとてもおいしい食べ方です。

熱々の白米にすりおろした山わさびを載せて醤油をたらすと、ご飯が何杯でも食べられちゃいます!!

また、北海道ではラーメン屋さんなどで「山わさびの海苔巻」がサイドメニューで置いていたりします。

道東の人気店、弟子屈ラーメン本店で食べましたが、山わさびは存在感があるので、ラーメンと一緒に食べてもおいしかったです。

山わさび 保存方法

他のラーメン店でも見かけたことがあったので、発見したらぜひ試してみてくださいね。

まとめ

山わさび 保存方法

北海道で採れる「山わさび」は、本わさびよりも辛みがピリッとしていて、いろいろな料理に合わせやすく、知ってしまったらクセになるおいしさです。

一度に食べきれないことが多いので、おいしく食べられる保存方法を調べてみました。

山わさびを手に入れた直後は、少し濡れたペーパータオルで包んでからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に保存しています。

長めに保存したい場合は、

水を入れた容器に保存

水を入れた容器に入れ冷蔵庫に入れておくと、半年くらい食べられるらしい。食べる都度すりおろす。

塊のまま冷凍保存

山わさびをきれいに洗った後、一本ずつラップに包んで冷凍しする。食べる都度すりおろす。

すりおろして保存

すりおろしてから醤油漬けまたは冷凍すると手軽に食べられる。

という方法があります。

おすすめの食べ方は、「刺身」と「ご飯と一緒に食べる」です。刺身はイカ刺しが一番のおすすめですが、他の刺身も本当においしいです。

本わさびやしょうがと置き換えると、他の料理にも合いそうなので、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする