ジャージに穴が開いても捨てないで!補修布で直してパッと見、目立たなくしよう

ジャージ 穴 補修

子供がジャージのひざに穴を開けてくることはよくありますが、それだけでジャージを捨ててしまうのはもったいないですよね。

もし、穴がパッと見で目立たなくなれば、お子さんもしばらく快適に履いてくれるのではないでしょうか?

うちは下が男の子なので、どのジャージもサイズアップする前に必ず一度は穴を開けてきますが、補修布で直して、もうひとがんばりさせています。

2つの直し方を紹介しますので、よかったら参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

【直し方1】市販の補修布をアイロンで接着

ジャージ 穴 補修

ジャージの穴の直し方でお手軽なのは、市販の「ジャージ用補修布」を使う直し方です。

こちらはアイロンがけするだけで接着して、ドライクリーニングや水洗いできるという便利グッズ。

私もすぐに買いに行けたり、ネットで注文して届くのを待てるときは、使うことがあります。なんといっても、手軽なので!

ただ、アイロンがけが下手だからか、ときどき接着がうまくできないことがあるんですよね。

ジャージが溶けるのが心配で、恐る恐るアイロンをかけているところがあるので、きちんと接着すれば問題ないのかもしれません。

また「すぐに直したい!でも手元に市販の補修布がない!」というときは、次のように補修しています。

【直し方2】ジャージの切れ端などを補修布として縫いつける

ジャージ 穴 補修

2つめは、ジャージの切れ端などを、裏から補修布として縫いつける直し方です。

縫う手間はありますが、しっかり直せますし、やってみると意外に簡単だったりするので、参考にしてみてください。

今回、大きな穴と小さな穴の2か所、穴が開いた部分です。

右には、補修済みの前回の穴があります。(最後のジグザグ縫いをしていないので、出来上がりは異なる)

ジャージ 穴 補修

分かりやすいように、裏から指を当てています。破れたジャージを履くと、このように膝の肌色が見えて、一見して穴が開いているのがわかってしまいますよね。

穴がふさがれただけで、パッと見、目立たなくなるので、この違いは大きいと思います。

用意するもの

道具
  • 裏からの補修布(ジャージの切れ端など)
  • ぬい針
  • はさみ

補修布と糸は、破れたジャージと似たような色、もしくは少し濃い目のものだと、修理跡が目立ちにくいです。

補修布は、ジャージのように伸縮性のある生地で、破れたジャージの共布(すそ上げして切った布など)があればベスト

多少、裁縫の心得がある方なら、あまり使わないポケット(利き手でない方とか)などの裏布を切って使う方法もあります。

共布が用意できないときは、別のジャージの切れ端を使う方法がおすすめです!

今回、うちの子は濃紺のジャージに穴を開けてきましたが、別の黒いジャージ(お尻が裂けて修復不可能なもの)を補修布として使いました。

もしもお手持ちのジャージを捨てようかなと思っても、別のジャージを直すときに使えるので、きれいな部分だけも切って、取っておきましょう。

それでは、手順(4ステップ)を説明します。

スポンサーリンク

<手順1>補修布を用意する

別の黒いジャージ(修復不可能な破れたもの)から、補修布を切り取ります。

開いた穴がすっぽり隠れるように大きめに切り取るのがポイント。すぐ横に穴(小)もあるので、(大)と(小)を一枚の補修布で直すことにしました。

ジャージ 穴 補修

穴の下に置くと、結構大きめに切り取っているのがわかると思います。

ジャージ 穴 補修

<手順2>穴を一周ぐるっと縫いつける

破れた穴にきちんとかぶさるように、裏から補修布を合わせて、穴を一周ぐるっと縫いつけていきます。

縫い始めは、糸の結び目が見えないように、裏から表に向けて針を入れます。

ジャージ 穴 補修

表に針が出てきたすぐ横(1ミリくらい横)に針を落とすと、表に出る縫い目が小さくなります。

穴の周りにぐるっと1周、反時計周りに点々と縫い目を作っていきます。次の縫い目は、5ミリくらい横になるようにしています。

ジャージ 穴 補修

ぽっかり開いた穴は、できる限り閉じ気味に縫いつけていきましょう(最後に上からジグザグ縫いするので)。

ジャージ 穴 補修

<手順3>最後に上からジグザグ縫いをする

穴の周りをぐるっと一周したら、最後に上から、横向きにジグザグ縫いをします。

ジャージ 穴 補修

左にある穴(小)は、穴というよりは裂けた感じだったので、<手順2>をせずに、横に小さくジグザグ縫いのみ。

ジャージ 穴 補修

一番右にある前回の穴は、ぐるっと一周縫っただけで、最後のジグザグ縫いをしていないので、中の補修布が見えちゃっていますね(汗)。

穴の周りの布がボサッとしたまま、落ち着かない感じなので、ジグザグ縫いはしたほうがいいと思います。

<手順4>裏の補修布を処理する

裏の補修布は、大きすぎたままだとブラブラした感じがあるかもしれないので、少し余裕を残して、切って処理しておいてくださいね。

ジャージ 穴 補修

出来上がりはこちら。

ジャージ 穴 補修

ジャージ 穴 補修

スライディングで布が溶けて、穴の周りが全体に盛りあがっていますが、これは直せないので仕方ありません。

濃紺のジャージに黒い糸で縫ったので、ジャージと同じような色ならベストだったかも。

こんな感じでかなり大ざっぱな補修ですが、パッと見は目立たないのではないでしょうか?

縫っておくと穴の周りが補強されてこれ以上広がらないので、一石二鳥ですね。

まとめ

ジャージ 穴 補修

子供がジャージに穴を開けてきても、補修して、もうひとがんばりしてもらいましょう。

まずお手軽なのは、市販のジャージ用補修布をアイロン接着する方法です。

また、破れたジャージの共布(同じ素材)や別のジャージの切れ端があれば、補修布として縫いつける方法もあります。

縫うという手間はありますが、穴が補強されて広がらないメリットもあります。

よかったら、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする